HOME > 井伊直弼と開国

日本を開国に導き、開港により諸外国への門戸を開いた人物であり、江戸幕府の大老として強権を奮い、「安政の大獄」という歴史的大弾圧で怖れられた人物——。
日本が近世から近代へ移ろうとしていた激動の歴史を語るとき、彦根藩主井伊直弼という人物を欠かすことはできません。井伊直弼の生い立ちやその時代背景を詳らかに紐解いていくことで、これまであまり知られていなかった幕末の日本と世界史の側面が見えてきます。

直弼を知る

井伊直弼は、大老として国政を担った政治家として知られる一方、茶の湯や国学・禅・居合などに真摯に取り組む文化人という側面もありました。
彦根城博物館が所蔵する資料により、直弼の実像を紹介します。
詳しくはこちら

メディアの中の直弼

小説、映画、漫画……幕末は壮大な歴史ロマンの舞台として、今も多くのファンを魅了し続けています。その時代の登場人物として井伊直弼は欠かせません。国を開いた英傑か、はたまた、大粛清を行った悪の親玉か。それぞれの作品の中で、幕末の大老はどのように描かれているのでしょうか? 詳しくはこちら

Coming Soon...

このページのトップへ