HOME > 井伊直弼と開国 > 直弼を知る > 井伊直弼年表

直弼を極める:井伊直弼年表

  • 年齢はかぞえ年、日付は旧暦で表記しています。
  • 赤字は彦根藩関連青字は幕府・朝廷関連の事項です。
和暦西暦年齢立場居所事柄
文化12年1815年1歳槻御殿10月29日 彦根城下屋敷の槻御殿(けやきごてん)に生まれる
文政2年1819年5歳母お富の方死去(35歳)
文政10年1827年13歳このころから、清凉寺で手習(てならい)や禅学を学び始める
天保2年1831年17歳5月、父直中死去(66歳)
天保2年1831年埋木舎弟直恭(なおやす)と北の御屋敷(埋木舎)に移る
天保5年1834年20歳埋木舎 / 江戸7月、延岡藩主内藤家の養子候補となり、江戸に行くが、弟直恭が選ばれる
天保6年1835年21歳江戸冬、『うもれぎのやの言葉』を記し、埋木舎で文武の道に生きる決意をする
天保13年1842年28歳埋木舎11月、長野義言(ながのよしとき)と初めて対面し、国学・和歌の弟子となる
天保14年1843年29歳長浜大通寺より、直弼を住職の跡継ぎとする話が持ち上がるが、成立せず
弘化2年1845年31歳10月、『入門記』を著し、石州流(せきしゅうりゅう)茶道の一派を立てることを宣言する
弘化3年1846年32歳世継1月、彦根藩世子直元(直弼の兄)が死去(37歳)し、彦根藩の世継となる
弘化3年1846年江戸2月、初めて江戸城へ登城し、将軍に対面する
弘化4年1847年33歳2月、海防のため相模国三浦半島(神奈川県)の警備につく(相州警衛)
嘉永3年1850年36歳藩主11月21日、彦根藩主となる
嘉永3年1850年12月、先代藩主直亮の遺金15万両を家臣や領民に分配する
嘉永4年1851年37歳3月、相州警衛地を巡見する
嘉永4年1851年彦根6月、藩主として初めて彦根に入る
嘉永4年1851年9月より領内巡見を開始。安政4年まで9度に分けて領内全域をめぐる
嘉永5年1852年38歳江戸8月、丹波亀山藩主松平信篤の妹昌子を正室に迎える
嘉永6年1853年39歳3月、日光東照宮に参拝。帰途、彦根藩領の下野国佐野(栃木県)を巡見する
嘉永6年1853年6月、アメリカ東インド艦隊司令長官ペリー、軍艦を率いて浦賀に来航
嘉永6年1853年39歳彦根 / 江戸7月、ペリー来航の知らせを受けて、江戸へ向かう
嘉永6年1853年江戸8月、2度にわたり幕府へ意見書「初度存寄書(しょどぞんじよりがき)」「別段存寄書(べつだんぞんじよりがき)」を提出
嘉永6年1853年11月、彦根藩、相模から江戸湾(羽田・大森)へ警衛地が変わる
安政元年1854年4月、彦根藩、京都守護を命じられる
安政元年1854年40歳彦根10月、京都・淀を巡見
安政3年1856年江戸8月、アメリカ総領事ハリスが着任。通商条約締結を求める
安政4年1857年43歳彦根7月ころ茶の湯論の集大成『茶湯一会集(ちゃのゆいちえしゅう)』を完成させる
安政5年1858年このころ、将軍継嗣・条約調印の問題で、一橋派と南紀派が対立
安政5年1858年2月 老中堀田正睦が上洛するが、孝明天皇より条約調印の勅許得られず
安政5年1858年44歳大老江戸4月23日、大老職に就任
安政5年1858年6月19日、日米修好通商条約を調印
安政5年1858年8月8日、孝明天皇、幕府の条約調印を非難する勅諚(ちょくじょう)を幕府と水戸藩に下す(戊午の密勅)
安政5年1858年9月から戊午の密勅など反幕府行動に関わった者を逮捕(安政の大獄)
安政5年1858年12月24日、孝明天皇、条約調印を了解する勅諚を出す
安政5年1858年12月26日、将軍家茂より、功績をたたえられて鞍・小刀を拝領する
安政6年1859年8月、戊午の密勅に関わった咎(とが)で、徳川斉昭や水戸藩士らを処罰する
安政7年1860年46歳このころ御用絵師に自分の画像を描かせて、井伊家菩提寺の清凉寺に納める
安政7年1860年3月3日、登城途中に襲われ暗殺される(桜田門外の変)
万延元年1860年没後3月30日、大老職御免
万延元年1860年閏3月30日、直弼の死が公表される
文久2年1862年7月、文久の幕政改革。直弼と対立した一橋派が幕政を掌握する
文久2年1862年閏8月、彦根藩、京都守護の任を解かれる
文久2年1862年11月、幕府より直弼政治が非難され、藩領のうち10万石減知の処罰を受ける
Copyright © 2017 彦根城博物館 All Rights Reserved.
このページの画像・文章の著作権は彦根城博物館に属します。
このページのトップへ