150年祭 - 直弼の素顔 〜資料から読み解く直弼〜

黒蝋色塗鞘大小拵 くろろいろぬりさやだいしょうこしらえ

Notice: Undefined variable: class in /home/sites/heteml/users/4/0/0/400th/web/150th/naosuke/learn/possession/1224.php on line 55
/>

黒蝋色塗鞘大小拵

井伊直弼所用
江戸時代後期
彦根城博物館所蔵 井伊家伝来資料

直弼が所用したと伝える指料の大小拵(だいしょうこしらえ)。江戸城に登城する際に用いられる黒塗の正式拵です。江戸時代正保年間(1644~48年)に制定された正式拵の規定は、江戸時代後期には崩れ、黒漆ながら金具に装飾を施したものも見られるようになりますが、この作品では、白鮫皮(しろさめかわ)の柄(つか)に黒糸の柄巻、縁(ふち)や三所物(みところもの)に井伊家の定紋である橘紋を用いるなど、正式拵の規定に忠実なつくりとなっています。

Copyright © 2018 彦根城博物館 All Rights Reserved.
このページの画像・文章の著作権は彦根城博物館に属します。
このページのトップへ