HOME > お楽しみコンテンツ > 美しい彦根

美しい彦根

第3回 彦根城天守[00:02:45] 2006年09月公開

国宝・彦根城天守は姫路城、松本城、犬山城と合わせて「国宝四城」として知られています。
3階3重の構成で、規模は小さいですが、屋根は「切妻破風(きりづまはふ)」「入母屋破風(いりおもやはふ)」「唐破風(からはふ)」を多様に配しています。2階と3階には、 禅寺に見られる窓「花頭窓(かとうまど) 」を用いるなど外観に重点を置き、変化に富んだ美しい姿を見せてくれます。
内部の天井を見上げると、そこには美しい曲線の梁が縦横に走り、高い建築技術に目を見張ります。
昭和32年から3年をかけて行われた解体修理により、墨書のある建築材が発見され、天守の完成は慶長12年(1607)頃であることがわかりました。
彦根藩主井伊家の歴史を記した『井伊年譜』によると、「天守は京極家の大津城の殿守也」とあり、彦根城の天守が大津城(大津市)の天守を移築したものと考えられています。

彦根城 詳細情報

所在地 :

滋賀県彦根市金亀町1-1

営業時間 :

8:30〜17:00

料金 :

大人500円 小人200円

お問い合わせ :

彦根城
TEL : 0749-22-2742
FAX : 0749-22-2905

このページのトップへ